読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

句集「風楽」

「風景の日記」の俳句をとりまとめました。龍安寺

第110句:畑の土起こす

畑の土起こす(2010年4月19日に風景の日記に記載) 陽は春らしいのですが、暖かさはなく、少し寒い。家の裏の雪割り(排雪作業)を行う。これで今シーズンの雪割作業終了です。その後、畑の土を起こす。気温の低い日が続くのですが、 なんとか連休までに種ま…

第109句:山笑う

山笑う(2010年4月18日に風景の日記に記載)晴れの朝でした。予報では崩れるとのことでしたので、早めに裏山の状況を見に出かけました。雪の残る場所で水仙が芽を出していました。 いつもたくましさを感じます。日当たりのよい場所のナニワズ(難波津)は、…

第108句:春に先駆けて

春に先駆けて(2010年4月17日に風景の日記に記載)早朝には青空が見えていたのですが、九時ころには曇り空。肌寒い一日でした。陽も春らしい暖かさを欠いていた。近くの何という樹かわからないのですが、花穂というのでしょうか、大きく膨らんでいて綺麗でし…

第107句:冬に逆戻り

(2010年4月14日に風景の日記へ記載)早朝雪が庭に薄らと積もっていた。天気予報のように冬に逆戻りです。そして、午前九時ごろまでに5cm程積もったでしょうか。また、福寿草も水仙も少しもあわてず、凛とした姿で雪の中にいました。春一番に花を咲かせる植…

第106句:裏山の雪解け水

4月9日(2010年)に残雪の下を流れていたのに気がついて、流れの上の雪を取り除く。例年、雪解け時期に数日から十日ほど流れる小さな小川を裏山の雪解け水はつくる。今年はもう少し後と思っていたのですが、予想ははずれました。裏山の雪解け水が、まるで地…

第105句:福寿草起きる

4月2日と3日(2010年)に庭の雪を排出する。2日は5時間近くの作業でした。5月の連休に孫たちと畑を楽しむためと福寿草を雪の下から出してやって花を早く咲かせるために。3月にそのための排雪を行い、とりあえず福寿草のための準備をしてきました。 昨日の天…

第102・103・104句:椿の白毫寺からの春日大社への散歩道

奈良五日目。萩と椿で有名な白毫寺から春日大社への散歩道を歩く。 タクシーで白毫寺→東海自然歩道→歴史の道(馬酔木咲く)→新薬師寺→入江泰吉記念奈良市写真美術館→新薬師寺→隔夜寺→上の禰宜道→金竜神社→若宮神社→春日大社→ささやきのこみち(下の禰宜道)→…

第101句:東大寺・奈良町を歩く

奈良四日目。天気予報では雨であったが、曇り空の朝であった。で、東大寺境内や奈良町を散策することにしました。また、夜に二月堂のお水取りを見に行くことに予定を変えました。 東大寺→奈良国立博物館:特別陳列お水取り開催→三条通り→かえる庵(昼食)→奈…

第100句:斑鳩と西の京を歩く

奈良三日目。天気予報がよい方にはずれたので、標記に予定を変更。JR奈良→JR法隆寺→徒歩で法隆寺iセンター→松並木→南大門→西大門→西里→藤の木古墳→西里→西大門→西円堂→中門→五重塔→金堂→大講堂(工事中)→上御堂→鐘楼→回廊→精霊院→宝蔵・百済観音堂・大宝蔵…

第98・99句:飛鳥を歩く 奈良二日目。

前日の天気予報から飛鳥をめざす。 近鉄を利用してまず近鉄飛鳥駅へ。 タクシーで川原寺跡(弘福寺)→橘寺→岡寺→坂乃茶屋→飛鳥藍染織館・飛鳥土鈴館→ 明日香村観光会館→伝飛鳥板蓋宮跡→飛鳥寺→飛鳥座神社→ 飛鳥資料館→水落遺跡→明日香村埋蔵文化展示室→ 甘樫…

第97句:戒壇院・二月堂・三月堂・興福寺国宝館

前日(2010年2月30日)、千歳空港に隣接のホテルコムズ新千歳空港(旧三井アーバンホテル)に宿泊。 新千歳空港から関西空港、リムジンバスで奈良へ。 宿泊予定のホテルサンルート奈良へ荷物を預け、前回見忘れた東大寺戒壇院へ。 戒壇院→千手堂→正倉院→宝珠院…

第96句:2010年1月1日:謹賀新年

当ブログをご訪問いただきありがとうございます。今年もよろしくお願いいたします。元旦そして2日と湿った雪が積もり除雪に追われました。元旦は、除雪後恒例の北海道神宮へお参りに行きました。総歩数25242。かなり疲れました。2日は除雪後娘一家が訪れ、楽…

第95句:2009年10月21日:裏山の黄葉

今日、午前久しぶりに裏山へ出かけました。山道は下草などが枯れていてだいぶ歩きやすく、また、落ち葉を踏みしめて登りました。数日前から裏山の木々の落葉がかなり進んだことに気が付き、それでデジカメ片手に黄葉を見に出かけたのです。ただ、裏山は紅葉…

第94句:2009年8月13日:阿修羅

職場の後輩T氏が昨年12月8日に亡くなって早くも新盆を迎えました。氏とは二度同じ部署でした。二度目は体調を崩されて管理職を下りて同じ部署となったのでした。ちょうど、私も定年退職を迎え、再度勤務するようになったので、色々話す時間が増えました。話…

第93句:2009年7月15日:雑感東京都議選の結果

都議選は何を争点として争われたのだろうか。また、都民はどのような思いで議員を選んだのだろうか。そして、マスメデイアは地方レベルの都議選をどのように報道をしたのだろうか。などなど、素朴な疑問があります。自民党も公明党もそして圧勝した民主党も…

第92句:2009年7月2日:庭の大葉子(車前草)と南瓜

蝦夷梅雨に戻ったような空模様です。明後日土曜にまたよい天気に戻るようです。庭のほぼ中央で大葉子が葉を拡げて堂々と座っています。春に珍しいそしてきれいな花が咲くと期待したので、実は抜かないでいたのです。そして、大葉子と気付いてからもそのまま…

第91句:2009年6月12日:蝦夷梅雨の晴れ間かな

ここ数日天気に恵まれていません。本州では梅雨に入ったとか。北海道にはいわゆる本州のような梅雨はないのですが、ここ数日のお天気は蝦夷梅雨と思うのです。今朝の朝陽を見て、デジカメ片手に牡丹を撮りに庭に出ました。昨日、雨のため撮ることができず、…

第89、90句:2009年5月16日:裏山に大甘野老(オオアマドコロ)咲く

庭では木瓜の花が咲き始め、庭の隅で大立壺菫が咲きだしました。そして、裏山では自信がないのですが、たぶんオオアマドコロと思うのですが、咲き始めました。裏山に目立たない花が咲いているのを今年初めて気がついたのです。たぶん前にも観ていると思うの…

第88句:2009年5月8日:白根葵

片栗の花が終わろうとしている裏山の白根葵が気にかかり、デジカメ持参で出かけました。咲いていましたね。やや葉の茂りだした裏山の木々の間に紫の蕾と薄紫の上品な花を見つけました。裏山は片栗の花がもう終わろうとしていて、延齢草が花の盛りでしょうか…

第86、87句:2009年4月27日:春の雪と裏山の花など

昨日から今日未明の積雪深は2cm程でした。4月下旬には珍しい積雪です。で、裏山のカタクリなどを撮りに早朝出かけました。寒かった。真冬に向かう晩秋のようでした。たぶんカタクリも驚いたでしょう。裏山のカタクリ早咲きの斜面に行くのを断念しました。今…

第85句:2008年10月27日:手稲山初冠雪

小樽の最低気温が3.6℃とこの秋一番の冷え込みとなったようです。手稲山では初冠雪、藻岩山山頂では雪が降ったようです。朝晩、ストーブを焚いていて、もう冬ですね。画像は、今日の庭と裏山の風景です。花は、かみさんの育てている園芸品種の菊です。裏山の…

第84句:2008年10月23日:黄一点

今日、長橋なえぼ公園近くに用事があったので、公園などを散策。公園近くの興聖寺の銀杏がきれいでした。銀杏の枝が赤く見え,蔦などが紅葉しているのでしょうか。また、長橋小学校近くの街路樹に銀杏が多いのに気がつきました。いよいよ秋の黄葉も銀杏の出番…

第80~83句:2008年10月8日:小樽海岸自然探勝路11

朝起きると雲のない抜けるような秋の青空でした。で、9月11日に続く、今年四回目の自然探勝路散策となりました。朝、7時40分唐門を出発して、赤岩山山頂そばの展望台→赤岩峠→下赤岩山山頂→自然探勝路出口(入口)→ホテルノイシュロス小樽前→追分記念碑前→お…

第79句:2008年9月14日:長橋なえぼ公園

今年2回目の公園散策です。前回は、4月6日でした。旧国道5号線をとおり、塩谷街道から公園の駐車場、森の自然館(園内の情報あり)、中央園路、原始のような森を久しぶりに散策しました。公園といっても見事な森林です。明治26年(1893年)小樽苗圃(びょう…

第78句:2008年8月17日:小樽海岸自然探勝路9

さわやかな青空の探勝路を訪れました。今年は6月23日に続く二度目の探勝路散策です。オタモイ海岸の唐門を午前8時過ぎに出発。唐門からは天狗山のスキー場やロープウエイのある展望台が望めました。唐門の脇にコスモスがきれいに咲いて、探勝路は木漏れ日が…

第77句:2008年6月23日:小樽海岸自然探勝路8

札幌生活ほぼひと月を終え、今年初めての探勝路です。朝7時半にオタモイの唐門を出発。唐門の近くに新しい案内板が出来ていました。春の花の時期は終わっていたのですが、ハナニガナ、タニウツギなどが、下赤岩山山頂にはエゾスカシユリが咲いていました。探…

第73、74、75、76句:2008年2月28日:明日香村と秋篠寺

奈良六日目。JR奈良駅を午前八時過ぎの昨日とおなじ汽車でJR桜井駅に。近鉄桜井駅で孫に本来南海鉄道の特急を撮らないとならないのですが、近鉄の特急を動画撮影。その後、近鉄で飛鳥まで行く。近鉄飛鳥駅→駅前でミステリーロマン「飛鳥王国」(飛鳥数次旅券…

第70,71,72句:2008年1月17日:裏山と庭と家の前

ここ数日、本格的な冬を感じさせてくれる寒さと積雪量でした。昨日、除雪2回、そして今日3回、やっと冬らしい雪の量になりました。でも、まだ例年に比べ少ないでしょうか。正直、体の節々が痛く、もう雪は降らなくていいのです。本格的な除雪機を購入したく…

第69句:2007年12月31日:新雪の裏山2と頭痛

今朝、以外にも新雪が積っていました。例年にくらべ(年末は)少ない積雪量でしたので(、これで)新雪のお正月を迎えられそうです。(年末は)雪がとけて、つるつるの路面になり、春先の雪解け時のような汚い景色だったのです。新雪は景色も心もすがすがし…

第68句:2007年11月12日:小樽・余市間の道を思う4

先日11月8日に小樽築港で「ALWAYS続・三丁目の夕日」を観る。私が中学1年生の時の昭和34年を夕日町三丁目の住人とともに笑って泣いて感動したいい作品でした。11月7日に市立小樽図書館で下記の二冊を借りる。 1)ホーレス・ケプロン著西島照男訳(昭和六十…

第67句:2007年9月30日:小樽海岸自然探勝路6

日記の記載は久し振りです。今日、オタモイの唐門を午前8時32分に出発。出羽三山山伏神社→赤岩山山頂近くの展望台→赤岩峠→下赤岩山山頂→祝津の探勝路入口(出口)のコースで散策、出口には11時ころに到着。探勝路の散策は今年5回目で、そして探勝路の本格的…

第66句:2007年8月8日:庭の名前を忘れた花

8月に入って雨の日が多いような気がします。青空の真夏の日が少ないのです。何か蝦夷露のような蒸し暑い日が続いています。そんな蒸し暑い朝に詠んだ句です。 「朝早き 部屋に流れる 風涼し」 北 帰航(第66句) 画像は今年植えた花なのですが、名前を忘れて…

第65句:2007年7月24日:江戸しぐさ

7月21日:孫(3歳)と小樽市総合博物館へ。アイアンホース号がけん引する客車に乗る。号の転車台での方向転回や号と客車の接続を見学。孫はいたく感激したようです。その前に庭で春に彼が播いたエンドウや苗を植えたキュウリなどのを収穫したのですが、こち…

第64句:2007年7月8日:小樽海岸自然探勝路5

昨日、標記を下記のコースで歩きました。唐門(7:30)→出羽三山山伏神社(7:45)→赤岩山頂近くの展望台(8:20)→赤岩峠(9:00)→下赤岩山山頂(9:15~9:45)→赤岩峠→北山中学バス停(10:25)6月20日とすこし変えて赤岩峠から赤岩2丁目へ下山した。峠へは車で来れ…

第63句:2007年7月4日:笹百合に会いに行く

今日、百合が原公園へ好きな笹百合に会いに行きました。園では早くに咲く百合の一つでしょう。北海道には本来自生しない種で、葉がササに似ていることに由来する名前とのことです。そして、万葉集に登場する植物の20位以内には入っていないのですが、百合を…

第62句:2007年6月26日:ちざきバラ園

久しぶりに知人を案内してちざきバラ園を訪れました。天気予報は晴れでしたが、雨が一時ぱらつく曇り時々晴れのあいにく天気でした。園内には平日にも関わらず見学者が多かったですね。ローズショップが少し雰囲気が変わりましたね、バラなどの苗木の販売が…

第58句から第61句:2007年6月20日:小樽海岸自然探勝路4

今日、標記を歩きました。5月9日とは反対のコースです。オタモイの唐門→出羽三山山伏神社→赤岩峠→下赤岩山山頂→小樽水族館のある祝津地区の探勝路入口唐門:8時10分出発;途中の景色が下の画像です。 出羽三山山伏神社着:8時22分;唐門・神社間1km赤岩山の山…

第57句:2007年6月11日:谷空木(タニウツギ)

数日前から裏山や近くの木立に淡紅色の花をつけた樹が目立つようになりました。スイカズラ科のタニウツギです。ウツギから万葉集に24首詠まれている「うのはな:卯の花、空木の花;現代名ウツギ」を思い浮かべます。北海道南部から九州まで分布する「うのは…

第56句:2007年6月10日:あやめ撮る

今日は時の記念日。朝にあやめの開く過程を撮ろうと4時過ぎに起きました。昨日も挑戦したのですが、開花しなかったのです。開く過程は今日も撮ることができなかったのですが、朝日を受けた花を撮ることができました。蝉しぐれと同じように私の思いとは異なり…

第55句:2007年6月7日:あやめ咲く

昨夜からの雨はあがり、朝日がさしていた庭にアヤメが咲いていました。昨日はまだつぼみで、開花は数日先と思っていましたので意外でした。昨夜の雨が開化を早めたのでしょうか。ここ数日よい天気で、あやめも雨を待っていたのでしょう。慈雨、喜雨ですね。…

第54句:2007年6月5日:ベニバナイチヤクソウ

今朝、静かな裏山に標記の花を撮りに行きました。静かなのはまだエゾハルゼミが起きていないためです。たぶんエゾハルゼミと思うのですが、自信がありません。俳句では特に種類を区別しないで、本格的な夏になる前に鳴く蝉を「春蝉」というらしい。北海道や…

第53句:2007年6月2日:舞鶴草と蝉の抜け殻と蝉時雨

今朝、裏山に舞鶴草の群落を撮りに行きました。やはり、裏山の上のほうの群落では日当たりが良いのか花が数日前から咲いているように思われました。裏山は葉が茂り、分け入るのも難儀になってきました。裏山のあちらこちらで蝉の抜け殻が目につきました。家…

第52句:2007年5月30日:浅田次郎著「憑神」

6月23日に全国公開予定の映画「憑神」の原作を読み終えました。予告編を見て面白い映画と思い、5月28日に新潮文庫本を購入したものです。映画を見てから原作を読むことが多いのですが、映画公開が待てませんでした。人は何のために生きているのか、幸…

第51句:2007年5月28日:映画「しゃべれどもしゃべれども」

寒中お見舞いも申し上げます。 新年(2014年)のご挨拶を遠慮させて頂いておりますが、本年も変わらずよろしくお願いいたします。 今年も「元気がなにより」をモットーにブログを記載していきますので、ご厚誼のほどよろしくお願いいたします。 左が開運と厄…

よいお年をお迎えください。

本年も当ブログを訪れていただきありがとうございました。 どうか健やかなよいお年をお迎えください。 来年もまたよろしくお願いいたします。 今年は二つのブログを開設いたしました。 8月30日に風景夢譚、12月20日に句集「風楽」です。 これでブログは五つ…

第50句:2007年5月11日:裏山の白根葵

「貴婦人の 白根葵よ 孤高かな」 北 帰航(第50句) 北海道の林などに生育する花で、日光白根山に多いことから白根葵という名がついたといわれています。 春、カタクリの花の咲く裏山でも例年シラネアオイがカタクリの次に花を咲かせます。 今朝、カタクリの…

第49句:2007年5月4日:庭の水仙と芝桜

「孫植えし 芝桜その 可愛さよ」 北 帰港(第49句) 5月3日に息子帰宅。 5月4日に孫が久しぶりに遊びに来た。 かみさんが用意した芝桜を数日前から水仙の咲く庭に孫が植えました。 小樽築港でみんなで食事し孫は札幌に帰って行きました。 今朝庭に数日前…

第47句・48句:2007年5月3日:堅香子

「朝露を 装い眠る 堅香子よ」 北 帰航(第47句) 「夢覚めて 朝露装う 堅香子よ」 北 帰航(第48句) 今日も暖かい穏やか日になりそうです。 昨日は市内堺町4番14号にありますコーヨーチャンネル・もく(ヴェネツィア美術館前)でニレ埋木の靴ベラを購入。…

第45句・46句:2007年5月3日:片栗の開花と延齢草

「堅香子や 花開くとき 風と知る」 北 帰航(第45句) 「堅香子や 夢面白く 寝坊かな」 北 帰港(第46句) 今朝早く6時過ぎに裏山のカタクリの開花状況を撮りに出かけました。 カタクリはまだ開花していませんでしたが、一斉に開花するように感じられました。…

第42~44句:2007年4月24日:堅香子(カタカゴ)・片栗の花(カタクリ)

「堅香子の 乙女らが今 輝けり」 北 帰航(第42句) 「風のまま 揺れて微笑む 堅香子よ」 北 帰航(第43句) 「堅香子や 何を楽しく 語るかな」 北 帰航(第44句) 今朝雨音で眼を覚ましました。 カタクリを裏山に撮りに行くのは無理ですね。 でも昨日は良い…