句集「風楽」

「風景の日記」の俳句をとりまとめました。龍安寺

第1句:2005年5月14日:余市川の春;早朝 

 

「往く春や 花の盛も 夢の夢」   北 帰航(第1句)

 

早朝の余市川はまだ寒いです。

朝日に残雪が、ほのかに輝いています。

f:id:sikihuukei:20131220200156j:plain

河畔の近くの水仙も櫻も開花しました。

f:id:sikihuukei:20131220200122j:plain

f:id:sikihuukei:20131220200137j:plain

f:id:sikihuukei:20131220200148j:plain

朝早くから札幌に「交渉人真下正義」と「キングダム・オブ・ヘブン」を観に行きました。どちらもおもしろかった。都合により前者を薄野(ススキノ)で、後者を札幌駅近くで見た。

札幌駅で地下鉄に乗り換え、すぐに少年に席を譲られた。初めて席を譲られ、うれしくもあり、もう譲られる年に見えるのかなとの思いもあり、内心少し複雑。帰宅は午後8時過ぎ、疲れました。やはり年かな。

旭屋書店で小林恵子著「本当は怖ろしい万葉集」を購入、序章を読んだだけですが面白そう。

2007215日:春を花に、のをもに改める  (原句:往く春や 春の盛の 夢の夢)