句集「風楽」

「風景の日記」の俳句をとりまとめました。龍安寺

第89、90句:2009年5月16日:裏山に大甘野老(オオアマドコロ)咲く

庭では木瓜の花が咲き始め、庭の隅で大立壺菫が咲きだしました。
そして、裏山では自信がないのですが、
たぶんオオアマドコロと思うのですが、咲き始めました。
裏山に目立たない花が咲いているのを今年初めて気がついたのです。
たぶん前にも観ていると思うのですが。
手持ちの花の図鑑からオオアマドコロと同定したのですが、
アマドコロという名の別変種があるらしいのです。
木瓜と菫は、5月11日に、オオアマドコロは5月15日に撮ったものです。
今日小樽築港で観た映画「天使と悪魔」は面白かったですね。
前作の「ダヴィンチ・コード」より面白かったです。
5月9日に観た「GOEMON」も面白く、CGを駆使した楽しい映画が多く作られるようになりましたね。
でも小津安二郎監督の東京物語のような作品にも憧れますね。
一方、今関心のある言葉は晴耕雨読、晴読雨読、執着心そしてゆっくりとした生活です。
毎日を慌ただしく過ごしているので、特に心にとまりました。
これらは古いメールを整理していて、いただいたメールにあった言葉です。

昨日、遠くの余別岳、余市岳などの頂に残雪が多いのを見て詠む句二句。

   「残雪を 頂く山よ 遠くかな」   北 帰航(第89句)
         「頂に 残雪のある 遠き山」   北 帰航(第90句)